〜エンタメ業界向けのマーケティングブログ〜A&Rラボ

目の前の課題にどう向きあうか、プランニングの幅をどう広げるか、クリエイティブの質をどう高めるか、 という内容で音楽業界者を中心に、少しでも多くの選択肢を増やすことにお役に立てるような情報をお話したいと思います。 LINE@で更新情報や、プロモーションに有用な記事情報を配信中!

友だち追加数

格安で駅・電車広告を活用する方法を考えてみた

今日は交通広告についての

メリット・デメリットや、お得な活用方法を

おしらせしたいと思います。

 

 

【交通広告とは】

 

 

と、非常に領域が広いのですが、

今日は特に使用しやすい電車内、駅広告について

書きます。

 

 

 

【駅、電車広告のメリット】

 

 

①ターゲット精度

 

決まった場所に掲出可能なので、

そこを通る通勤者、通学者、

またはイベント来訪者が想定できますね。

 

上記ターゲットについては

リアルな場に向かう人たちなので、

電波に比べてより精度の高いターゲティングが可能です。

 

 

 

②リーセンシー効果

 

直前に接触した広告が購買行動に影響を与える

効果のこと。

駅や路線沿線に店舗がある場合は効果的ですね。

 

 

 

 

③反復効果

 

電車を待っている時や、電車に乗っている時は

動くことができないので、通勤、通学者に対して

繰り返し強制的に広告を視認させることができます。

 

 

 

 

【デメリット】

 

 

 

①効果測定ができない

 

行動ターゲティングが可能なWEB広告の興隆を鑑みると、

これは大きい課題となります。

 

ちなみに、基本効果測定は駅の場合は「駅の乗降客」、

電車内の場合は「輸送人員」が指標になります。

 

代理店さんによっては、

より精度の高い効果測定をしてくれるところも

あるみたいですが、WEBほどの精度はありません。

 

 

 

 

②ある程度まとまった予算が必要(なイメージ)

 

後述しますが、基本的には輸送人員や、駅利用者数から価格が決まっているので、

首都圏は3桁から、ものによっては1000万近い媒体も多く、都内だと電車の中吊り広告1週間で200~300万スタートの広告もザラにあります。

 

 

 

詳しくは、

 

JR東日本企画

http://www.jeki.co.jp/transit/mediaguide/lineup/

 

 

メトロエージェンシー

http://www.metro-ad.co.jp/media/price/

等に記載されてますが、

 

なかなか潤沢に予算で無い限り、

出稿のハードルが高いメディアですよね。

 

 

 

 

 

【100万円以内で使えるお得な使い方】

 

 

と、いうことでこのくらいの予算でしっかり効果を出すには、、、

 

 

 

「地方のイベントを狙いましょう。」というのを

オススメします。

 

 

以下に理由を記載します。

 

 

 

 

①価格の違い

 

実は電車広告、駅広告の料金は東京近郊の価格だけ

非常に高いのです。

 

というのも、輸送人数や利用人数に準拠しているのと、地方に比べ圧倒的に電車利用者が多いからです。

 

なので、その分首都圏を外すと、

一気に価格が下がります。

たとえば、JR北海道の中吊りシングルだと13万9200円なのに対し、 同条件で山手線に掲出すると400万円します。

 

そう考えると安くないですか?

 

 

 

②イベントをねらえ

 

安いだけでは使う要因にはなりません。

 

ポイントは確実にターゲットがグッと増える瞬間を事前に想定できることです。

 

例えば、GLAYのファン層にリーチしたいと仮定して、

ライブが北海道のスタジアムで開催されるとすると、

50000人規模のお客様が移動してきます。

 

しかも確実にスタジアムがある最寄駅に降り立ちます。

 

そうすると、普段は1日2000〜3000人規模の乗降客が

その日に限っては52000〜53000人に一気にリーチできます。

 

ただ、小さい駅には媒体が少ない事も多いので、

その場合アクセス導線になる主要駅をおさえてしまうなど。

 

実際に、札幌駅や新千歳から会場までの導線上の広告を抑えていっても、首都圏と比べると全然安いです。

 

最近だと主要駅にはサイネージが充実されてきていて、比較的安く、1週間の短期掲出も可能で使いやすいです。

 

 

 

【こんな時に使おう】

 

自分の業界が参加する大規模な展示会が行われる駅・路線で関係者への認知狙いだったり、

 

音楽以外のイベントにライブでお呼ばれした際の、新規ファンに対する認知など、

 

狙っているターゲットが明確にあれば、その人たちが集まる機会って結構ありますよね。

 

 

 

 

【最後に】

 

以上、交通広告(電車・駅編)の使い方でした。

地方の駅や路線は手を出しやすいので、

ツアーやイベントの際に活用してみるのも良いかもしれません。

 

 

勝てるニュース写真が撮れる!イベント会場4選+α

リリースタイミングなど、特典のライブイベントやファンイベントを仕掛ける時に、会場で悩んだりすることはありませんか?

 以下の会場はそれぞれが絵的に綺麗だったり、かっこよく見えるような場所を中心に集めてます。勿論ライブイベントも可!

 予算も30万〜 あれば場所と付帯設備は借りれちゃいますので参考にどうぞ!

 

the BAR

f:id:coffeejapan:20160612134552j:plain

キャパ130名

ゆりかもめ 船の科学館駅にある会員制Bar。

ビル自体が一般の方では入れないまさに秘密の場所。湾岸からの夜景は他に類を見ないほど美しい。

会場にスピーカーとDJ機材があるので、クラブイベントや簡単なアコースティックイベントであれば、最小限の持ち込みで実施が可能。

東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 13F

http:// http://www.clubberia.com/ja/clubs/2306-the-BAR/

 

 

スターライズタワー 

f:id:coffeejapan:20160612134549p:plain

“東京タワーの真下”という贅沢な立地にあるスタジオ。

会場内は白壁だが、カーテンを引くことによって黒にも変幻化。

350、250、100キャパの3会場があり、

ライブイベント、パーティー、MV撮影、記者会見など、

汎用性が高い。

東京都港区芝公園4-4-7 東京タワーメディアセンター内

http://starrise-tower.com/

 

 

H.L.N.A SKY GARDEN

f:id:coffeejapan:20160612134553j:plain

ダイバーシティーにあるスケートパーク。

屋外でライブイベントが開催できる。

過去にはフェスも開催実績あり。

飲食店が隣接しているので、ここも借り切っちゃえば

クローズなファンイベントにでも使えちゃいます。

持ち込みにはなるが、バンドセットにも対応可。

結構広いです。

東京都江東区青海1-1-10 お台場ダイバーシティ東京プラザ 7F「H.L.N.A スカイガーデン」

http://hlna.jp/skygarden/ 

https://vimeo.com/125641084

 

 

TRINITY B3 PARK 

f:id:coffeejapan:20160612134556j:plain

東京都板橋区舟渡4-12-20 

こちらは室内のスケートパーク。

500人は収容可能なスペースで、

大きい音出しも対応可能。

東京都板橋区舟渡4-12-20

http://www.transworldweb.jp/skate/parklist/trinity-b3-park/

http://www.redbull.com/jp/ja/music/stories/1331732191552/meaning-red-bull-live-on-the-road-skate-park-free-live

 

 

株式会社プラネアール

f:id:coffeejapan:20160612134555j:plain

ここは映画・ビデオ映画・TVドラマをメインにした貸しスタジオなのですが、

法廷、廃墟、ファミレス、病院などの非日常空間がたくさんあります。

ライブの可否は事前にロケハンに行き交渉となりますが、

スペース的にはかなり面白いんじゃないんでしょうか。

「法廷ライブ」とか「ファミレスライブ」とかパンチありますね。

http://www.planear.co.jp/

 


以上、今回は絵になるスペース特集でした。

ご不明点や気になる事があれば、ご相談いただければ出来る限り対応いたします。

それじゃあまた次回に!

創刊の趣旨

 

 

(2016.8.14追記)

最近色々な素敵な人や書籍などの出会いが多いお陰か、

思考の幅が昔よりも広がったような気がすこーしだけします。

 

そしたら、思うことを文字にしてみたい、

それを誰かに見てもらいたいという欲求が少しづつ芽生えてきました。

 

趣旨はシンプルに見て聞いて思うことを文字にして、

誰かに見てもらい、少しでも役に立てばって思ってます。 

 

この間まで仰々しく、↓のような思いを書いてましたが、、

 

自分のキャリアが音楽業界→企画・広告で今も音楽やエンタメ業界の方と

多くお仕事させてもらってる関係上、そちらの方達向けに情報発信をしてます。

 

くだらないコンテンツもいっぱい作ってきますので、

よろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

みなさんご存知の通り、音楽業界は今歴史的な変革期です。

 

CDマーケットが成熟し、ストリーミングが配信の売り上げが越え、

過去に取り組んできたあたりまえが日々塗り替えられて、

中々正解が見えづらいなと思う人もいるのではないでしょうか。

 

というのも、もともと私はレコード会社内で新人発掘、制作、販売促進の仕事に

従事してきました。

 

ですので、御多分に洩れず、僕自身も、担当アーティストの売り出し方などについて、

とても苦労して迷いながらプランニングしていました。

 

それこそ、考えなければいけないことはたくさんあるのに、

担当リリースが重なってしまうと、今目の前のことをこなすことだけでいっぱいで、

目の前の課題に対しては、結局何もできなかったなと思うことも多々有ります。

 

特にアーティストプランニングをする担当の職務領域は限りなく広く、

WEB、紙、TV、 RADIO、OOHのプランニングから、できあがったコンテンツ校正の宣伝業務、そしてリリースに紐づくイベントの企画、制作、運営、

更にアーティスト写真や、MusicVideo撮影を始めとするクリエイティブ作成、

それに関係各所との予算管理、調整業務まで

 

今考えても恐ろしいほど多岐に渡っているなと感じます。

 

正直全部自分でやる必要はないのですが、

情報収集の効率的にするための仕組みづくりは上手に行わなければなりません。

(というかしっかり仕事しようと思うと回りません。)

 

ですので、そんな自分自身がその時にあったら嬉しい情報というのを僕の目線で見つけ、

みなさんに提供することによって、プランニングの幅を広げたり、

仕事の時間の短縮化に繋がることができれば、

こんなに嬉しいことはないと思います。

 

そんなテーマで定期的に配信いたしますので、

お付き合いよろしくお願いいたします!

 

ちなみに現在僕は、千代田区で広告マーケティングのお仕事をやっております。

 

過去に携ってきた事例としては、

多いのはOOH、WEBを活用したプランニングや、メディアコーディネーション、

ほかイベント企画・制作、運営業務などを行っており、

主に音楽業界の方々と色々とお仕事をご一緒させていただいております。

 

あと、LINE@でも僕が有効だなとか面白いなーと思う情報を

お送りしますのでよろしければお役立てください。

 

http://line.me/ti/p/_JLLDq1CRy