〜エンタメ業界向けのマーケティングブログ〜A&Rラボ

目の前の課題にどう向きあうか、プランニングの幅をどう広げるか、クリエイティブの質をどう高めるか、 という内容で音楽業界者を中心に、少しでも多くの選択肢を増やすことにお役に立てるような情報をお話したいと思います。 LINE@で更新情報や、プロモーションに有用な記事情報を配信中!

友だち追加数

格安で駅・電車広告を活用する方法を考えてみた

今日は交通広告についての

メリット・デメリットや、お得な活用方法を

おしらせしたいと思います。

 

 

【交通広告とは】

 

 

と、非常に領域が広いのですが、

今日は特に使用しやすい電車内、駅広告について

書きます。

 

 

 

【駅、電車広告のメリット】

 

 

①ターゲット精度

 

決まった場所に掲出可能なので、

そこを通る通勤者、通学者、

またはイベント来訪者が想定できますね。

 

上記ターゲットについては

リアルな場に向かう人たちなので、

電波に比べてより精度の高いターゲティングが可能です。

 

 

 

②リーセンシー効果

 

直前に接触した広告が購買行動に影響を与える

効果のこと。

駅や路線沿線に店舗がある場合は効果的ですね。

 

 

 

 

③反復効果

 

電車を待っている時や、電車に乗っている時は

動くことができないので、通勤、通学者に対して

繰り返し強制的に広告を視認させることができます。

 

 

 

 

【デメリット】

 

 

 

①効果測定ができない

 

行動ターゲティングが可能なWEB広告の興隆を鑑みると、

これは大きい課題となります。

 

ちなみに、基本効果測定は駅の場合は「駅の乗降客」、

電車内の場合は「輸送人員」が指標になります。

 

代理店さんによっては、

より精度の高い効果測定をしてくれるところも

あるみたいですが、WEBほどの精度はありません。

 

 

 

 

②ある程度まとまった予算が必要(なイメージ)

 

後述しますが、基本的には輸送人員や、駅利用者数から価格が決まっているので、

首都圏は3桁から、ものによっては1000万近い媒体も多く、都内だと電車の中吊り広告1週間で200~300万スタートの広告もザラにあります。

 

 

 

詳しくは、

 

JR東日本企画

http://www.jeki.co.jp/transit/mediaguide/lineup/

 

 

メトロエージェンシー

http://www.metro-ad.co.jp/media/price/

等に記載されてますが、

 

なかなか潤沢に予算で無い限り、

出稿のハードルが高いメディアですよね。

 

 

 

 

 

【100万円以内で使えるお得な使い方】

 

 

と、いうことでこのくらいの予算でしっかり効果を出すには、、、

 

 

 

「地方のイベントを狙いましょう。」というのを

オススメします。

 

 

以下に理由を記載します。

 

 

 

 

①価格の違い

 

実は電車広告、駅広告の料金は東京近郊の価格だけ

非常に高いのです。

 

というのも、輸送人数や利用人数に準拠しているのと、地方に比べ圧倒的に電車利用者が多いからです。

 

なので、その分首都圏を外すと、

一気に価格が下がります。

たとえば、JR北海道の中吊りシングルだと13万9200円なのに対し、 同条件で山手線に掲出すると400万円します。

 

そう考えると安くないですか?

 

 

 

②イベントをねらえ

 

安いだけでは使う要因にはなりません。

 

ポイントは確実にターゲットがグッと増える瞬間を事前に想定できることです。

 

例えば、GLAYのファン層にリーチしたいと仮定して、

ライブが北海道のスタジアムで開催されるとすると、

50000人規模のお客様が移動してきます。

 

しかも確実にスタジアムがある最寄駅に降り立ちます。

 

そうすると、普段は1日2000〜3000人規模の乗降客が

その日に限っては52000〜53000人に一気にリーチできます。

 

ただ、小さい駅には媒体が少ない事も多いので、

その場合アクセス導線になる主要駅をおさえてしまうなど。

 

実際に、札幌駅や新千歳から会場までの導線上の広告を抑えていっても、首都圏と比べると全然安いです。

 

最近だと主要駅にはサイネージが充実されてきていて、比較的安く、1週間の短期掲出も可能で使いやすいです。

 

 

 

【こんな時に使おう】

 

自分の業界が参加する大規模な展示会が行われる駅・路線で関係者への認知狙いだったり、

 

音楽以外のイベントにライブでお呼ばれした際の、新規ファンに対する認知など、

 

狙っているターゲットが明確にあれば、その人たちが集まる機会って結構ありますよね。

 

 

 

 

【最後に】

 

以上、交通広告(電車・駅編)の使い方でした。

地方の駅や路線は手を出しやすいので、

ツアーやイベントの際に活用してみるのも良いかもしれません。